2015年10月9日金曜日

脳梗塞(のうこうそく)になった近所のおじいさんの話

初めて目にしたとき、そのおじいさんは実にゆっくりと歩いていた。

買い物に出かけて、20分後に戻っても、5メートルくらいしか進んでいなかった。

そのおじいさんは脳梗塞で右半身が不自由になっていたようだった。

朝・昼・晩と、毎日、只管(ひたすら)、歩いていた。歩くことがリハビリであるようだった。

1年も経つと、歩く速度が随分(ずいぶん)と速くなっていた。

ある日、単車で走っていたら、「あのおじいさんがこんなところを歩いている」というのに出喰(でく)わした。信じられないくらいに遠くまで出かけていた。

こんなところまで歩いて来られるくらいになったのだなと感心した。

それから暫(しばら)くして、自宅に戻ったら、そのおじいさんはタクシーで帰宅した。

タクシーを使わないと戻つて来られないくらいに遠くまで歩いて行けるようになっているということに、私は大層(たいそう)感動した。

その後、そのおじいさんは、タクシーを使わないと戻れなくなるほども遠くに出かけたことに懲(こ)りたらしく、自宅周辺をぐるぐると廻(まわ)るようになった。

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@