2013年7月18日木曜日

この形状はおかしいと思ったが、夢の中の話だったらしい。:『風立ちぬ』

スタジオ=ジブリの『風立ちぬ』の予告編を見たが、ここに登場する飛行機は、プロペラあたりの形状からすると、空冷エンジンではなく、液冷エンジンのはずなのに、ラジエーターがない。それに、空気抵抗を考えると、翼の先のほうの形状も理に叶(かな)っていない。

これはおかしいと指摘したら、うちの男子中学生たちに、たかがアニメで、そんなことは気にしないほうがよいのではないかと言われた。



また、公式ウェブサイトに掲載されている絵でも、翼が曲がっているのだが、これは逆ガル翼というもので、F4UコルセアCorsair(海賊)のようである。F4Uコルセアは、初陣で零式艦上戦闘機を相手にやられまくり、「聖バレンタインの日の虐殺」Saint Valentine's Day Massacreと呼ばれるくらいの敗北を喫(きっ)している。そういうデザインの翼の飛行機が登場するのは、どうにも理解できない。[追記:堀越二郎による設計の九試単座戦闘機には逆ガル翼が採用してありました。失礼]























コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@