2012年12月6日木曜日

山本五十六の「五十六」の命名の由来を話したときの当校の生徒の反応

 今年(2012年)12月23日に『聯合艦隊司令長官 山本五十六(れんごうかんたいしれいちょうかん やまもと いそろく)』という映画が公開されるそうである。そこで、山本五十六が「五十六(いそろく)」を命名された由来を話した。これは、有名な話で、たいていの大人であれば、知ってる話であろう。

 親父が56歳のときに生まれた子どもで、名前を考えるのが面倒くさかったらしく、「五十六(いそろく)」となった。

 このことを知った生徒の反応が笑えた。

 よかった。私が男で、父親が熱烈な山本五十六のファンだったら、「三十七(みそしち)」と名づけられていたところだった。

 当時の年齢は数え年だったから、「三十八(みそはち)」になっていたところだと考えるのが正しいと指摘しておいた。

 すると、「俺だったら、『二十七(にそしち)』になっていたところか」とか、「ぼくだったら、『三十三(みそぞう)』になっていたところだ」と盛り上がった。

 ところが、ひとり、しょんぼりしている生徒がいた。自分の父親が何歳のときに自分が生まれたのかわからないから、輪の中に入れないという。

 親の年齢がわからないのは親不孝だと『論語』に書いてあったと記憶している旨(むね)を伝えておいた。

 なお、私の場合は、「三十一(みそかず、または、みそいち)」になっていたところである。

 名前が数字ということで思いつくのは、つぎのとおりくらいかな。

安達二十三(あだちはたぞう):陸軍中将。明治23年生まれということが二十三と命名される。部下が全員釈放されたのを見届けた後、自決。
沖田十三(おきだじゅうぞう):宇宙戦艦ヤマトの艦長
海野十三(うんのじゅうざ):SF作家
斎藤一(さいとうはじめ):新撰組の一員
西一(にしはじめ):アニメ『いなかっぺ大将』の登場人物
兵頭二十八(ひょうどうにそはち):軍事評論家(このペンネームは山本五十六の半分くらいだからということで、二十八(にそはち)としたのではないかな)
直木三十五(なおきさんじゅうご):直木賞の由来となった作家

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@